CR花の慶次S-V攻略法2 − 勝てる台選びのポイント

スポンサードリンク
ホールでは誰でも先ず最初に、少しでも勝てる見込みの高い台選びをしようするというのは常識で、その意味において、誰もがスタートチャッカーに球が入りやすい台を選びたいと思っていることも当然。でも、”明確な基準”によって台選びをしている人は、意外と少ないんですね。

明確な基準とは”ボーダーライン”と言われるもののことですが、今まで感覚的なものだけで「よし、今日はこの台で行こう。」というような台選びをしてきた人が、この基準で確実に台選びをするようになったら、格段に勝てる確率が高くなると言って良いでしょう。

ボーダーラインは1000円の投資に対して何回デジタル画面が回るか、つまりスタートチャッカーに何発の球が入るかを、換金率ごとに見た言わば損益分岐点で、台選びの明確な基準として唯一のもの。CR花の慶次S-Vでは次のようになっています。

換金率:2.5円 → 回転数:24回
換金率:3.0円 → 回転数:19回
換金率:3.5円 → 回転数:18回
換金率:4.0円 → 回転数:17回

また難易度は高くなりますが、確実な勝ちに持っていくためには、これらの回数+3〜+5となるような台を見つけることもポイントであることを認識してください。ボーダーを下回るような台しかないようなホールは見切りをつけ、別のホールを選ぶことも必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。